2015年6月 画像センシング展の出展情報

 

Information for Image Sensing Show 2015

 

  
右の画像 (right monitor): BV-C3101       来場者 (Visitors)

左の2画面(left two images): BV-C3500  

 

    

全景 (booth)                         セミナー風景 (seminar)

                       

 

株式会社ブルービジョンでは2015年6月10日から12日まで横浜パシフィコで開催された画像センシング展に出展いたしました。今回は一昨年来推進してきたSWIRカメラ(InGaAsセンサー使用)ラインアップを中心に展示を行い、今まで色々と蓄積してきたノウハウ、どのような被写体に有効であるかなど実機をもとに説明し、来場者のさらなる興味を喚起しました。

 

今回デモを行ったのは

BV-C3500  広帯域ラインスキャンカメラ

BV-C3101  SWIRラインスキャンカメラ (1200nm2600nm)

BV-C2900  SWIR VGAカメラ

の3機種です。 BV-C2900に関しては今回インターフェースとしてイーサネットを使用したタイプのデモを行いました。BV-C2900はインターフェースにカメラリンク、GigEの2つのタイプを揃えました。

 

今回も「可視光からSWIR帯をカバーする分光カメラ技術及び専用光学系」と題するセミナーを行いSWIR帯での検査システムに関しての啓蒙を図り好評を博しました。

 

各商品に関してはダウンロードのページからダウンロードできます。

 

************************************************************

Bluevision Ltd., Japan participated to the Image Sensing Show 2015 held in Yokohama Pacifico exhibition hall on June 10 through 12. In this exhibition, we exhibited a lineup of currently promoting SWIR cameras (InGaAs) mainly, and explained about what kind of objects are effective for SWIR camera as based on our experiences cultivated in the past, and roused visitor’s interest further.

 

We demonstrated the following 3 models.,

BV-C3500             Wide spectral range line scan camera

BV-C3101             SWIR line scan camera (1200nm to 2600nm)

BV-C2900             SWIR VGA camera

As for BV-C2900, we demonstrated the camera with the interface of Gigabit Ethernet. We have now 2 types of BV-C2900, one for Camera Link interface and the other for Gigabit Ethernet.

 

We had also a seminar titled “The cameras using the spectroscopic technologies and the dedicated optics to cover the visible wave length to SWIR wave length” and enlightened audiences about the inspection system in SWIR wave length.

 

Product information can be downloaded in the Download page.